45歳からの転職日記~2次面接

45歳からの転職日記
第1回 プロローグ
第2回 スタートアップ
第3回 情報収集
第4回 アプローチ
第5回 履歴書と職務経歴書
第6回 カジュアル面談
第7回 1次面接
第8回 2次面接
第9回 coming soon

第8回 2次面接

はやく2次面接がしたい!
2次面接の日程希望を聞かれたのですが、焦りすぎて近々の日程を出してしまった。。。
調整がつかないとの連絡。。。

もう焦りまくりです

再調整してもらって、日程も決まりました。
面接が待ち遠しい。。

そんなそわそわした感じで数日過ごし、やっと面接の日になりました。

今日も面接していただける方は3人!
前回と同じように、自己紹介から始まりました。

2回目の自己紹介。
やっぱり、順番は最後。
前回よりは、緊張しないで出来たかな。

会話はより具体的なお話を中心に。
テクニカルな部分を中心に、今回も1時間みっちりお話をしました。

前回よりも、スムーズにお話が出来たイメージ。
面接というよりは、会議みたいな雰囲気。
あっという間に時間が過ぎ去ってしまいました。

帰宅途中に、なんと!
「2次面接合格のご連絡」の連絡が!

なんか、斬新さと、スピーディーさに驚かされ続けてしまっています。

次回が最終面接


45歳からの転職日記
第1回 プロローグ
第2回 スタートアップ
第3回 情報収集
第4回 アプローチ
第5回 履歴書と職務経歴書
第6回 カジュアル面談
第7回 1次面接
第8回 2次面接
第9回 coming soonなんとしても、面接を突破して、入社したいと強く思う帰路でした。4

45歳からの転職日記~1次面接

45歳からの転職日記
第1回 プロローグ
第2回 スタートアップ
第3回 情報収集
第4回 アプローチ
第5回 履歴書と職務経歴書
第6回 カジュアル面談
第7回 1次面接
第8回 coming soon

第7回 1次面接

面接の日程候補を数日提出しました。
数日後、1次面接

人生初めての面接。。
何を聞かれるのかな?
ミスをしないかな?
なんて、ネガティブな感情に押しつぶされそうになっていました。

そんな時には、徹底的な情報収集。
またまたウェブから、会社情報を再調査。

面接時間直前、会社に訪れると不思議と緊張もしていませんでした。
そして、扉を開けました。

面接開始

面接官は3人。
部署の違う若手のスタッフ。

お互いの自己紹介から始まり。。
えっ、お互いの自己紹介??

面接官3人が、自己紹介をして最後に私の番。
おいおい、、ハードル上がっちゃうよ。。

自己紹介からのフリートーク

興味がある事とか、仕事へのアプローチとか本当にフリートーク。
なんか意外過ぎる展開に、空回り気味のトーク。
そしてぴったり1時間。きっちりで時間終了。

面接も終わり、帰り途中で思い返しても分析が出来ない。。
会話がかみ合っていないように感じて、厳しいかなぁと思っていました。

1次面接合格のご連絡

なんと、、面接終了2時間で、面接合格の連絡がメールで来ました!

すべてが、想像を超えた面接で、度肝を抜かれた感じ。
でも少しすると、これからはこのような面接になっていく気がしてきました。

ジェットコースター面接。
ここちよい達成感でした。

45歳からの転職日記
第1回 プロローグ
第2回 スタートアップ
第3回 情報収集
第4回 アプローチ
第5回 履歴書と職務経歴書
第6回 カジュアル面談
第7回 1次面接
第8回 coming soon



いろいろな考え方を教えてくれる本

フレームワーク 「枠組み」「骨組み」「構造」 wikiより

ビジネスフレームワーク
ビジネスで分析企画立案をするパターン。
いろいろな方法があり、ある案件に対してどれを使えばいいのか素早く考えられるのは、経験からかな?

それを助けてくれる本を見つけました。
「ビジネスフレームワーク図鑑」

題名から、そのままですが、いろいろなビジネスフレームワークが掲載されていて、案件に合うものをチョイス出来るアイテムです。

ここに記載されているフレームワークを、3パターン盛り込んで制作れば、いい提案書が作れそうだ!

そして、この本にはおまけとして、パワポのテンプレートが付いてきます。
これはかなり使える!
これだけでも、本を買った価値があります。

まとめ:この本を使って企画書を作る新基準
1、企画に合うフレームワークを3つ考える
2、フレームワークを企画に落とし込む
3、テンプレートを元にフレームワークをアレンジして資料を作る



骨伝導のイヤホン

耳が悪い私には、夢のようなアイテム。
それは骨伝導のイヤホン。

聞いてひとめぼれ。

聞こえない耳側でもちゃんと音が聞こえるんですよ!
もう感動しちゃいました。

買うのは時間の問題だな



45歳からの転職日記~カジュアル面談

45歳からの転職日記
第1回 プロローグ
第2回 スタートアップ
第3回 情報収集
第4回 アプローチ
第5回 履歴書と職務経歴書
第6回 カジュアル面談
第7回 coming soon

第6回 カジュアル面談

wantedlyで気になる企業の募集ページから、「話を聞きたい」ボタンをクリック。
数人、エントリーしているなぁ
そもそも「話を聞きたい」ボタンってなんだろう?

wantedlyのヘルプを見てみると。。
1. 招待される
エントリーした後に必ず連絡が来るわけではありません。 募集側も招待したいと思った場合のみ、招待メールが届きます。 自分のプロフィールページを充実しておくと 、招待される可能性が高まります。 通常、招待される場合は、数日以内にメールが届きます。

えっ??( ゚Д゚) 必ず、返事がもらえるわけではないんだぁ
すごい人数のエントリーがある会社もあるし、全部答えられないよね
ドキドキ。

数日後、返事が来ました。
「カジュアルにお話をしましょう」との事。
カジュアルにお話??

さっそくネットでチェック。
「カジュアル面談」というのが最近の流行りらしい。
服装自由、さて困った。。



結局スーツで登場

面談当日、ドキドキして面談の1時間前に会社の近くに来てしまった。
カフェで時間を潰して、面談に向かう。
服装自由と言われても、スーツ出来てしまう固い職業経験者なのでした。

面談も自由な感じ

本当にフランクな感じで、1時間の面談があっという間に過ぎていきました。
自己紹介から始まり、サービス内容を聞かせてもらいました。

カジュアル面談って、会社案内に時間を割いていただき、企業説明会という位置づけかな。

益々入社した意欲が湧いてきて、その場で面接の設定をお願いしました。

まとめ:カジュアル面談
1、服装は自由で大丈夫。
2、会社の下調べはしたほうがいい。
3、職位の高い方が出てくる可能性が高い。

45歳からの転職日記
第1回 プロローグ
第2回 スタートアップ
第3回 情報収集
第4回 アプローチ
第5回 履歴書と職務経歴書
第6回 カジュアル面談
第7回 coming soon



情報を絞る勇気

説明下手な私
言っている事がよくわからない。。

と言われることがしばしば?
いやっ、かなり多いかも。。

わかりやすい説明をするにはどうしたらいいのだろう?

と悩んでいた時に出会った本です。

伝えたい情報を絞る。
しかも3つまでに絞る。

えっ?たった3つでいいの?
いいんです!

一生懸命伝えようとして、いろいろな情報を詰め込みすぎていました。
あれも、これも、情報は多い方が伝わるんだ!

そんな考えが吹っ飛びました。

シンプルに伝えることの大事さ。
シンプルに伝える事によって、重要なポイントが絞られる。

バイブルです。