45才からの転職日記~アプローチ

45歳からの転職日記
第1回 プロローグ
第2回 スタートアップ
第3回 情報収集
第4回 アプローチ
第5回 履歴書と職務経歴書
第6回 カジュアル面談
第7回 1次面接
第8回 2次面接
第9回 最終面接
第10回 coming soon

第4回 アプローチ

希望する会社を見つけ、研究して、そろそろ、アプローチをしたい。
そんな事を考えていました。

転職情報サイトで、希望する会社が掲載されていました。
そこから接触しようと思っていた矢先、ある会社社長さんと会食をする機会があり、そこで衝撃のお話を聞きました。

衝撃の内容とは??

「この間面接した方、じぶんの会社を希望して、転職エージェントに相談したんだよ。転職エージェントから、うちの会社を紹介してもらってなら、紹介料も払う気があるけど、自分の会社を希望する人の仲介に入って、同じ金額を払うとなると、なんか違う気がして。。」

えっ、もしかして数か月後の自分ですか?
ひとり転職を紹介すると、仲介料で数百万円払う転職市場。。。

Wantedlyというサイトを見つけました。
https://www.wantedly.com/

どんなサイトかというと、企業と転職活動をしている人を繋いでくれるツールを提供しています。

ここに希望する会社が登録していたので、このサイトを経由してアプローチをすることにしました。
ここで意味するところは。。??



転職エージェントを使わないで交渉をする!

Wantedlyを見ていると、転職エージェントがいなくなる世の中は近いなと感じます。
直接採用とAIが採用を助けてくれる世の中は近いと感じます。
転職の常識が様変わりする予感がします。

直接アプローチをしてみました

Wantedlyには、「直接話を聞きに行きたい」というボタンがあります。
ボタンをPUSHし、勝負が始まりました。

45歳からの転職日記
第1回 プロローグ
第2回 スタートアップ
第3回 情報収集
第4回 アプローチ
第5回 履歴書と職務経歴書
第6回 カジュアル面談
第7回 1次面接
第8回 2次面接
第9回 最終面接
第10回 coming soon



45歳からの転職日記~情報取集

45歳からの転職日記
第1回 プロローグ
第2回 スタートアップ
第3回 情報収集
第4回 アプローチ
第5回 履歴書と職務経歴書
第6回 カジュアル面談
第7回 1次面接
第8回 coming soon

第3回 情報収集

情報収集。
情報を収集。
ただやみくもに情報を眺めているだけ。

漠然とした中で、自分に合う仕事・情報はないかと探していました。
探しても、探しても、なかなか考えがまとまらない。。

待てよ
まずは情報を入れる前に、自分が何をしたいのかをもう一回深堀をしてみないか?

応募する会社は1社に絞ってみよう

あの会社もいい、この会社もいいな。
すべての会社が魅力的に見えてきてしまいます。

ターゲット企業というファイルを作って、行ってみたいと思う会社をメモって行きました。

あっという間に膨大になって見返したときに、まてよ。。
自分のしたいことを先に考えて、それを実現出来る会社を見つけなくてはいけないのでは?
という、簡単で基本的な事に気が付きました。

とにかく行きたい会社をひとつに絞るんだ!

そこから会社を見る視点が変わりました。
自分の得意な分野を分析。
新卒で就職した会社の業界 × 今の会社の業界

これが、いちばん自分の力を活かせる業界では?
その業界で輝いている会社を見つけ応募しようと、心は決まりました。
調べる事数日、魅力的な会社を発見。
更に情報収集を。



そして調べるんだ

社長や社員が登場するネットの記事を片っ端から探しました。
その会社に対するウェブに転がっているコメントの情報を集めました。
社長が登場するYouTubeを何回も見直しました。

企画まで考えてみました

その会社で販売する、新商品の企画書を作成。
企画書を書くことで、就活するヒントがたくさん見えてきました。

そろそろアプローチをしてもいいころ?

45歳からの転職日記
第1回 プロローグ
第2回 スタートアップ
第3回 情報収集
第4回 アプローチ
第5回 履歴書と職務経歴書
第6回 カジュアル面談
第7回 1次面接
第8回 coming soon



45歳からの転職日記~スタートアップ

45歳からの転職日記
第1回 プロローグ
第2回 スタートアップ
第3回 情報収集
第4回 アプローチ
第5回 履歴書と職務経歴書
第6回 カジュアル面談
第7回 1次面接
第8回 coming soon

第2回 スタートアップ

いまの会社に入って約10年。
新卒で飛び込んだ業界とは全く違う業界の会社。

いろいろな経験をさせてもらっているけど、初心に戻り、やりたいことを見つめなおすと、転職という言葉が浮かび上がってきました。
昔働いていた業界で、もう一度挑戦がしたい!

まずは転職についてアクションをおこしてみようかな

転職へのアクション。
それは情報収集だとまずは思いました。

いままでの転職回数は1回
約10年前の出来事、転職について何も知らない私。。

10年前と言えば、スマホもない時代。
転職も様変わりしたんだろうなぁと思い、転職サイトに登録をしてみました。

転職情報サイトは情報の渦

転職サイトに登録してみると、わんさかわんさかメールが届きました。
最初は興味もあるので、いろいろ目を通しますが、次第に情報過多で麻痺してしまい、だんだん何をしたらいいのかわからなくなってしまいました。

この状況を打開しなければいけない。
一歩勇気を出して、転職エージェントに相談してみよう。
スカウトメールも数通来たので、一回話を聞いてみようと思い、熱心に数回オファーを頂いていた会社さんと会ってみる事にしました。



まさかの転職エージェントとの面談をすっぽかし

とても恥ずかしいお話ですが、エージェントとの面談の日程を間違えてしまい、すっぽかしてしまいました。
社会人として、そして日常の中でも、ありえない事なのですが、なぜか日程を間違えてしまいました。

お詫びのメールを送り、再度設定してももらったけど、案外あっさりとしたもの。
再度面談日程が、決定しました。

はじめて人材紹介会社の門をくぐる

大きなビルに入っている、人材紹介会社へ始めて行きました。
個室に通され、私の担当という30歳前後と思われる担当の方と面会しました。

ひととおり、転職の心得や転職状況の現状など、お話しいただいたのですが、なんかしっくりこない。
なんだろう、この違和感。。

まずはサイトに登録し、情報収集をして1か月考えるというお話になり、その場を後にしました。

後日談、担当された方はその後1か月後に転職。
転職エージェントもいろいろな方がいらっしゃると思いますが、人生の大きな出来事を相談出来るいいエージェントに出会える事が、転職の大きなキーワードになると実感した出来事でした。

45歳からの転職日記
第1回 プロローグ
第2回 スタートアップ
第3回 情報収集
第4回 アプローチ
第5回 履歴書と職務経歴書
第6回 カジュアル面談
第7回 1次面接
第8回 coming soon



45歳からの転職日記~プロローグ

45歳からの転職日記
第1回 プロローグ
第2回 スタートアップ
第3回 情報収集
第4回 アプローチ
第5回 履歴書と職務経歴書
第6回 カジュアル面談
第7回 1次面接
第8回 coming soon

第1回 プロローグ

45歳、男性、中小企業のサラリーマン。
ベンチャーへ転職をしました。

挑戦するまではものすごく不安でしたが、奇跡的にトントンと調子よく、転職先を見つける事が出来ました。

一般的な転職とは、少し違うアプローチで活動した内容を、少しづつ書いていきたいと思っています。

40代で、転職をポジティブに挑戦したいと思っている方の背中を押せる内容になれば幸いに思います。

内定までのスケジュール

44歳11か月 複数の転職エージェントに登録し、情報収集を始める。
45歳    初めて、転職エージェントと会う。
45歳3か月 上司に転職をしたいと報告。
45歳3か月 ターゲットを1社に絞りアプローチ。
45歳4か月 カジュアル面談
45歳4か月 1次面接
45歳5か月 2次面接
45歳5か月 3次面接(最終)
45歳5か月 内定通知
45歳5か月 オファー面談
45歳6か月 契約サイン
45歳6か月 社内イベントに参加
45歳8か月 入社

足掛け半年に渡る転職活動でした。

転職のポイント

1、転職エージェントを使わなかった
2、1社しか受けなかった
3、退社の意思を会社に伝えてから、就職活動をした。

日記がてら、綴っていきたいと思います。

45歳からの転職日記
第1回 プロローグ
第2回 スタートアップ
第3回 情報収集
第4回 アプローチ
第5回 履歴書と職務経歴書
第6回 カジュアル面談
第7回 1次面接
第8回 coming soon